人工炭酸泉製造装置の炭酸君は商研株式会社

商研株式会社では、「炭酸泉をより多くの方へ」という思いから、独自に人工炭酸泉製造技術を開発しました。現在も多様なニーズにお応えするため、日々、技術開発に取り組んでいます。
家庭用から業務用まで、OEMのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

english

電話でのお問い合わせ

e-mail: info@tansankun.jp

「炭酸くん」をフルコースで楽しむ

はじめに

「炭酸くん」で毎日の高濃度炭酸泉入浴を120%楽しむ方法
※1000ppmを越える炭酸泉を高濃度炭酸泉と言います。

弊社スタッフが推奨する、ご自宅で毎日炭酸泉を120%楽しんでいただく方法「炭酸泉フルコース」のご紹介です。
「炭酸泉フルコース」で健康で美しい毎日をお過ごしください。

注意: 炭酸泉入浴によって得られる効果には個人差がありますが、人によっては予想以上に効果が現れ、かえって入浴後に疲れを感じる場合がありますので、ご使用開始当初は、10分程度の短時間入浴から体を慣らしてください。

炭酸泉の準備

「炭酸くん」を設置する

取扱説明書に従い、「炭酸くん」と炭酸ガスを設置してください。

ポイント:「炭酸くん」はホース側を浴室のドアに近い向きに設置し、2本のホースを浴室に引き込むのに無理のない場所に設置します。 注意:「炭酸くん」本体のホース継手のネジが緩んでいないか確かめてください。ネジが緩んでいると正常に運転できません。

写真左:ドアを締めたらこんな感じ

浴槽にお湯を注ぎ、炭酸泉を作る(入浴の30〜35分前)

浴槽を洗ったら、いつもより2,3℃低い温度(42℃以下)でお湯を注いでいきます。
お湯を注ぎ始めたら「炭酸くん」の2本のホースを浴槽に浸け、「炭酸くん」のスイッチをONし運転を開始させます。
お湯は適量まで溜まったら止め、「炭酸くん」は自動停止する30分までそのまま運転してください。

※@の炭酸泉シャワーを楽しむ場合は、25分程で「炭酸くん」を停止させてください。 ポイント: お湯の量はできるだけ少なく、ぬるま湯にする事で、高濃度炭酸泉とされる1000ppmを大きく超えた「超」高濃度炭酸泉を楽しむ事ができます。

《ご注意》
「炭酸くん」は30分以上続けて運転しないでください。故障に至る可能性があります。

炭酸泉フルコース@「超」高濃度炭酸泉シャワー(3〜5分間)

高濃度炭酸泉を作ったら時間を空けずに早速入浴します。
まずは、吐水ホース先端をシャワーヘッドに交換し、再度「炭酸くん」のスイッチをONして「超」高濃度炭酸泉シャワーを頭から掛け流し、約5分間「炭酸泉フェイスケア」「炭酸泉ヘッドスパ」「炭酸泉スカルプケア」を楽しんでください。

すでに充分な高濃度に達した浴槽の炭酸泉を吸い上げ「炭酸くん」を通って出てくるシャワーは、2000ppmにも達する「超」高濃度炭酸泉となっています。
顔を伝わる炭酸泉のその滑らかさとシュワっとした口触りを実感し、髪、頭皮、顔に炭酸泉が浸み込んでいく感覚はとても気持ちのいいものです。

 

シャワーヘッドを頭皮に当て、ジュワジュワっと炭酸泉を頭から掛け流します。

《ご注意》
炭酸泉シャワーは、浴室のドアを少し開けた状態での使用になり、炭酸泉シャワー後は、「炭酸くん」のスイッチを切り、浴室外にホースを取り出す必要があるため、寒い時期は少し寒さを我慢する必要があります。
※脱衣室に小型の電気ファンヒーターなどを置いておけば、暖かい空気が浴室に入ってくるので、寒さを低減できます。

炭酸泉フルコースA炭酸泉シャンプー&ボディウォッシュ(3〜5分間)

ホースを浴室外に取り出したら、手早くシャンプー&ボディウォッシュし、浴槽に溜めた炭酸泉で泡を掛け流してください。
弾ける炭酸により、スッキリと泡を洗い流す事ができます。

炭酸飲料の炭酸が抜けていくように、炭酸泉濃度は1時間で約10%自然に低下していきます。同様に、かき混ぜる事でも濃度低下が早くなるので、炭酸泉は洗面器で静かにすくいます。
また、洗顔は炭酸泉を作っている間に済ませて置くことを推奨します。

炭酸泉フルコースB炭酸泉入浴(10分程度)

次はいよいよ炭酸泉入浴を楽しみます。お湯に浸かった瞬間、炭酸泉のシュワシュワ感と滑らかさを実感することができます。
ジッとしていると、面白い程にどんどん細かい炭酸の泡が皮膚に付着していき、産毛の1本1本までも炭酸の泡がビッシリ付着し、全身から炭酸を吸収していきます。

炭酸泉入浴での体感温度は、普通のお湯より2,3℃高く感じるので、ぬるま湯で体に負担が少なく長めに入浴する事ができます。
また、炭酸泉濃度をなるべく低下させないよう静かに入浴します。

炭酸泉フルコースC炭酸泉潜水(5分程度)

フェイシャルケア、ヘアケア、スカルプケアの効果を更に高めたい方には、炭酸泉潜水を推奨します。
炭酸泉入浴でも体感いただけるように、顔・頭皮・毛髪の1本1本まで炭酸の泡が付着し炭酸を吸収します。

シュノーケルをご用意いただくと、無理なく炭酸泉潜水をお楽しみいただけます。
入浴と同じく、炭酸泉濃度をなるべく低下させないよう静かに潜水します。

炭酸泉フルコースD炭酸泉コンディショニング(3分程度)

炭酸泉入浴で体が温まったら、コンディショナーをして炭酸泉で流します。
いつものコンディショナーにプラスαの効果を期待できるかもしれませんね。

炭酸泉フルコースE炭酸泉再入浴(心ゆくまで)

炭酸泉コンディショナーの後は、もう一度炭酸泉入浴をゆっくり楽しんでください。
毎日の疲れを癒すため、心ゆくまでご入浴ください。

炭酸泉入浴を楽しんだ後は...

炭酸泉を溜め置きすると浴槽を痛める可能性がありますので、炭酸泉入浴を楽しんだ後は速やかに炭酸泉のお湯を抜いてください。